この記事では

 

at-engineer(アットエンジニア)は料金がかかるのか知りたい
at-engineerの費用があるならどれくらい必要なのか把握したい
紹介料や登録料があるならいくらかかるの?

 

といったことを考えている人にとって最適な内容となっています。

 

結論は、サービス利用の料金はかからず、案件紹介手数料は非公開にて利用できます。

 

 

at-engineerを利用すると料金はかかるのでしょうか?

 

利用することで料金がかかるのかどうかは、利用を検討する人ににとっては大きな要素となりますよね。

 

どうせなら、事前に料金がかかるのかどうか知ってから利用を検討したいものです。

 

そこでat-engineerでは、利用するのに料金はいくら必要なのか調べてみました。

 

at-engineerの利用の料金は?

@

 

 

at-engineerを利用するのに料金はかかりません。

 

登録料なども一切必要ありません。

 

サービスを利用するのは完全に無料です。


 

驚きに事実とは、無料でサービスが利用できるということでした。

 

ただし、仲介手数料はかかります。

 

at-engineeでは、仲介手数料は非公開となっています。

 

通常の案件紹介のエージェントサービスでは、紹介した案件に対して手数料を取るのが一般的です。

 

だいたい10%〜20%ぐらいの手数料が一般的です。

 

仲介手数料が10%とすると、100万円で受けた案件では10万円が手数料として取られる計算です。

 

at-engineeでも、目安としては10%〜20%ぐらいが妥当だと考えておいたほうが無難です。

 

at-engineeは、常時数多くの案件を保有しているので、高単価案件を専属コンサルタントから紹介を受けることができます。

 

でもどうして紹介手数料だけでサービスが運営できるのかは不思議ですよね。

 

それはサービスの収入モデルに特徴があります。

 

紹介している企業や提携している企業の側からも、成功報酬を受け取るという仕組みだからです。

 

どうして無料で利用することができるのかは不思議ですよね。

 

それはサービスの収入モデルに特徴があります。

 

紹介している企業や提携している企業の側から、成功報酬を受け取るという仕組みだからです。

 

 

紹介し契約が成立した時に、at-engineer側へお金が支払われるんですね。

 

だから利用者の側には、案件紹介の手数料だけで利用できるわけです。

 

 

at-engineeの案件紹介は高単価のものが多いので、とりあえずお試しとして登録して利用してみてもいいかもしれませんね。

 

 

 

at-engineerのQ&A

 

間が開かないように案件受注することは可能ですか?

退場月が決まっています。

 

早めに次の案件を相談することで対応可能です。

 

対象地域はありますか?

あります。

 

at-engineeで対象地域が決まっています。

 

1都3県(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)及び大阪府が対象となります。

 

在宅でできるリモート案件などはありますか?

リモート案件は少ないですがあります。

 

案件を受注するまでの平均的な期間はどれくらい?

だいたい2週間前後になります。

 

at-engineeの無料登録

@

 

at-engineeでは、手厚い案件紹介サポートサービスが受けられます。

 

登録料や料金などは必要なく利用できます。

 

支払いは非公開になっている案件手数料のみになります。